マネジメントは人を管理することではない 会社を繁栄させるために人をどう管理したらいいかと悩んでいませんか。

マネジメントは数時間の研修で発揮するようになるものではありません。
アイアイカンパニーとともにじっくり組織をマネジメントできる社員を育みませんか。

マネジメントとは

従来マネジメントとはマネージャーが組織のヒト・モノ・カネ・時間・情報を管理する(=コントロールする)
いうことでした。
しかし現在のような激しい市場変化の中ではマネージャーがすべてを管理するのではなく現場に近い部下に権限を委譲して
『部下が組織のヒト・モノ・カネ・時間・情報をやり繰りして新たな価値を作り出せるようにサポートすること』という要素が強まってきました。

マネジメントは新たな価値を作り出すために部下がリーダーシップを発揮しやすい環境を整え、
その活動を促進するように部下同士が協力しあえる組織を作ることが重要な要素となりました。

マネージャーに求められるものが変わってきている

テクノロジーの発展に伴い、世の中の流れがものすごく早くなりました。
また市場のニーズが多様化するために新しい商品を次々に創らなければならなくなりました。

従来マネージャーは全てを把握し意思決定したことを素早く部下に命令し業務を確実に行なわせ成果を出すことが
求められました。
しかし、市場の目まぐるしく変化するスピードと顧客ニーズの多様化に対応するためには顧客に近い部下が素早く対応したり、
顧客の声をダイレクトに聞き商品を開発できるように環境を整えることが求められています。

こうした状況ではマネージャーは自分で全てを管理するのではなく、部下に権限を委譲して部下にリーダーシップを
発揮してもらえるように環境を整えることが求められます。

関係の質を高めなければ成果は上がらない

元マサチューセッツ工科大学のダニエル・H・キム教授は『組織が成功するためにははじめにお互いの関係の質を高めることが必要だ』と説いています。特に今のビジネス環境では部下がリーダーシップを発揮し、お互いが協力しあえる組織を作る必要があります。しかし結果を上げることに意識が向かってしまうとついお互いの関係の質よりも結果の質に目が向かってしまい、結果を上げることがむずかしくなります。そのためマネージャーは常に何が大事であるかを意識する必要があります。

core theory success

マネジメントに必要な能力

ハーバード大学教授のロバート・カッツはマネージャーに求められる能力を3つに区分しています。「カッツ・モデル」(カッツ理論)
「テクニカルスキル」、「ヒューマンスキル」、「コンセプチュアルモデル」の3つです。

1. テクニカルスキル
 (「業務遂行能力」)

2. ヒューマンスキル
 (「対人関係能力」)

3. コンセプチュアルスキル
 (「概念化能力」)

 

業務オペレーション上必要となる知識や技術といった要素

部下や顧客とのコミュニケーションを通じて、円滑な人間関係を築き、伝達や指示を行う能力

組織や事業の構造・状況を俯瞰して概念的に把握し、事の本質や現在の課題を見極め、
問題の解決策や新案などを見いだす能力

テクニカルスキルは現場の監督者に特に求められ、ヒューマンスキルはいわゆる管理職、コンセプチュアルスキルは経営者に
最も要求される能力です。

Katz model

それでは組織のヒト・モノ・カネ・時間・情報をやり繰りして成果を最大化するために必要な能力について考えてみましょう。

特に注目したいのがヒューマンスキル「対人関係能力」です。
コミュニケーション能力、リーダーシップ能力を身につけ、部下のやるきを内発的動機づけで引き出し、
部下がリーダーシップを発揮しやすく環境に整える必要があります。
そして部下が経験から学び、目標達成に向けて行動を修正していくように促すことが求められます。

しかし私たちはマネジャーの権限を手放して部下を見守るということに慣れていません。
どうしても「人を従わせたい。」「人を意のままに動かしたい。」などの欲求を無自覚に追求し、
部下をコントロールしようとします。

従ってマネジメントの知識やスキルを学ぶこと以上に自分の内面と向き合い自分の欲求をコントロールする能力を
身につける必要があります。

経験学習がヒューマンスキル・コンセプチュアルスキルをより高める

ヒューマンスキル・コンセプチュアルスキルのスキルアップを望む人は多いがどのようにスキルアップすればいいのだろうかと
悩む人がほとんどだろう。実はこれらは小手先だけのテクニックを学べば解決するものではありません。
そこで注目されるのが経験学習です。
経験学習による思考トレーニングによりヒューマンスキルを高めメタ認知力(客観的視野)を高めることで
コンセプチュアルスキルを高めることができます。

経験がマネージャーを育てる

成功しているマネージャーは経験からさまざまな物を学びとっています。
しっかりと経験を振り返り、自分にとってどんな意味があったのかを捉え直し自分のものにしています。
マネージャーは日々の経験を振り返る習慣を身につけることが重要です。
成功しているマネージャーがどのような経験から何を学んでいるかについては下記の記事を参考にしてください。
詳しくは「経験から何を学ぶか

アイアイカンパニーの経験学習メソッドは

自らのペースで自身の課題に取り組み、行動力・マネジメント力をUPしていくため、

着実に組織の成果を最大限に高めるマネジャーに育てることができます。

おすすめプログラム