すべての経験はあなたを助ける

経験を活かすのはあなた次第

経験学習について

経験学習とは自らの経験から新たな教訓を引き出し日常で活用する一連のサイクルの学習をいいます。
David A. Kolb博士の経験学習サイクルの説明によりますと経験学習とは

  1. 「具体的な経験」をした後、
  2. その経験を「省察(内省的な観察)」し、
  3. そこから「教訓(抽象的な概念化)」を導き出し、
  4. 導き出した教訓を新たな状況で「試してみる(能動的な試み)」

ことで人は学んでいるということです。

 

経験学習サイクル

keiken-cycle

社会人は経験から多くを学んでいる

優れたマネジャーの経験を調査してきた
米国の研究所によると、

社会人の学びは
70%『自分の仕事経験から』
20%『他者の観察やアドバイスから』
10%『本を読んだり研修から』
この要素比率から得ているようです。

 

社会人は経験から学ぶ比率が圧倒的に高いのです。
この経験からの学びを効果的に行いましょう。

社会人の学びの要素

c06fe6f4cc78249af8d82107dbdfcf45

経験から学ぶ方法を教わっていない

これまで私たちは経験から学ぶ方法を教えられていませんでした。
なぜ経験から学ぶ方法を教えられてこなかったのでしょう。

それには2つの理由がありました。

– 経験から学ぶ方法がはっきりわかっていなかった。
– 同じ経験でも人により経験の捉え方・学び方が異なるため、
  主体者が自分で学ぶべきものとして扱われてきた。

 

社会人の学びの70%は経験から得ています。
せっかくの経験があまり活かされていないとしたらもったいないですよね。

 

経験から学ぶ方法である経験学習を取り入れましょう。

learning

経験学習は自分と向き合うことが大切

「経験から学ぶことは当たり前だ。」と思いますよね。
「日々いろいろな経験をしているし、振り返りもよくやっている。」
経験から学ぶなんて当たり前にやっているよ。
と感じている人もいると思います。

けれど忙しい毎日でどれだけ振り返りをしているでしょうか。
ちょっと昨日のことを振り返ってみてください。
思い出せましたか。
意外に思い出せなかったのではないですか。

そして昨日の仕事で何が学べただろうと考えてみると
さらに難しさを感じるのではないでしょうか。

また経験から学ぶときには痛みが伴う場合があります。
それはうまくいかなかった経験を振り返るときに、
自分の至らない点と向き合わなければならず
できない自分を受け入れなければなりません。

自分の至らない点を見ることは誰でも嫌です。
しかし至らない点に向き合わなければ、
同じ失敗を引き起こしてしまいます。


人間の基本的性質についての考え方次第で
経験から学べるかどうかが決まります。

経験学習には成長志向が必要

経験から学ぶためには大切な心構えがあります。
それは人間の基本的性質についての考え方を
「成長志向」で捉えなければならないということです。

成長志向とは
知能とは経験や学習を通して向上させられる資質であると信じている。

一方の考え方は「決定志向」といい、
知能は遺伝的なもので、子供の頃はともかく、
大人になったらあまり高められないと考えている。

自分がどちらの志向性が強いかを知るには以下のブログを参照してください。

 

経験学習に欠かせない志向性とは    一般社団法人経験学習協会より

 

経験学習では自分の経験を客観的に振り返る必要があります。
良い結果であれば良いのですが、自分をより良い方向に変えていくためには
自分の至らない点を冷静に見つめることが大切です。
しかし決定志向が強い人は自分を変えることができると考えないために
至らない点を受け入れることが難しく、自分を変えることができないのです。

 

経験学習をするためには成長志向の心構えを持つことが重要です。

経験学習はプラススパイラルを起こす

人はよい結果を得られると、もっとよい結果を求めます。
楽になったなら、もっと楽をしたいと思います。

経験を振り返り、よりよく変えていく経験学習は、
常に、今よりも良いものを目指し自分を変えていく学習です。

そして経験学習のサイクルをまわせば、まわすほど、
より良い結果を手に入れることができるサイクルです。

やればやるほどプラススパイラルが起きるのです。
このスパイラルが起きれば、こちらのものです。

よりよいスパイラルの力を自らに、組織に
起すために経験学習を取り入れましょう。