不変追求型リーダーは孤軍奮闘し、疲れ果てる

変化追求型リーダーはチームを一つにし、大きな成果を得る

リーダーシップ開発講座

〜 自分の理想のリーダーになる 〜

この講座を作るきっかけは企業の人材育成の現場での憤りからでした。

 

私は20年近く企業の人材育成の現場で仕事をしてきました。しかしいつも徒労感を感じていました。それはいくら教育をしてもその教育が活かされている実感が持てなかったからです。もちろんすぐに使えるスキルや知識付与などの即効性のある教育は効果的に行えていましたし、役に立っている実感もありました。しかしリーダーを育てる教育となるとなかなか思ったような結果を得ることができませんでした。

企業の教育担当者もリーダーは育てるより見つけるものという感覚を持っている方が多いように感じていました。しかし私はリーダーは生まれ持った資質のようなものが重要で育てることはできないという考えを受け入れることはできませんでした。

 

そのような状況だった私は常に次の問いを持ちながら企業での教育を行なっていました。

「なぜリーダーは育たないのか。」
「どうしたらリーダーは育つのか。」

 

私はたくさんのリーダーやリーダーシップについての書籍やプログラムを調べ、私と同じ思いを持った企業の教育担当者と様々な手法を試してみました。そんな中、世界的権威である米国のリーダーシップ研究開発機関CCL(Center for Creative Leadership)が「リーダーは経験から育つ」と提唱していることに出会いました。私は直感でこれがリーダー育成の鍵になると感じました。

しかもCCLは次のことも言っていました。
『人は現状のスキルや視野では不十分である、もしくは十分に活用できていないことに気づかなくてはならない。
次に開発する能力、視野を特定し、実際に試してみる。
一定期間の実践を重ねて新しいスキルや考え方がなじんでくるようになると人々はそれらを効果的に活用できるようになる。
このサイクルは人々が各領域の能力を拡大するときに何度も繰り返される。
このためにリーダーシップ開発には時間がかかる。

 

このことを知り、人は結果を出すために現状の自分を客観的に捉え、至らない点を自覚し、そして新たな考えや能力を手に入れるために繰り返し実践しなければならないと理解できました。考えてみれば新しいことを知るだけですぐにできるわけはなく、失敗を繰り返しながら身につける努力が必要なことは当たり前でした。

 

しかしどうしてこの当たり前のことができないのか。

 

確かに面倒臭いからできないのはわかります。しかし結果を出すためならたとえ面倒臭くても努力できるのではないだろうかと疑問を持ちました。実際私は企業の教育現場でとてもまじめで努力家の人をたくさん見てきました。なので面倒臭いという理由だけでやらない人は少ないことを知っています。

 

どうやら他に理由がありそうだと思うようになりました。

 

そして私は人のある特徴に気づきました。

  • 人は無自覚なら変わらないこと。
  • 人は変えることにとても苦痛を感じるようにできていること。
  • 人の脳は何かを変えようとすると変えない自分を正当化する理由を作り出すこと。

 

新しいものをただ追加するだけならそれほど難しくはないのですが、もともと自分が持っているものを変えるとなると人はとても苦痛が伴います。しかも自分がそれまで大切にしてきた考え方を変えるとなるとものすごく強い抵抗が自分自身の内側で起こります。このことを理解していないと自分の中にあるものを変えようとする時、多くは失敗することになることに気づきました。

 

さらに私はリーダーになる時、プレイヤーだった今までの自分を大きく変える必要があることも気づきました。その変化を起こさないとメンバーと共に何かをなすことができません。そしてそれは今までのリーダー育成で抜け落ちていたことでした。私もそうでしたが人は理解すれば自分を変えられると思っていました。そのためリーダーに求められることを講義すればリーダーの考え方になると思っていました。しかし今までの教育ではこの変化が起こせません。なのでプレイヤーの時の考え方や行動のままリーダーをやることになります。これではメンバーはついてきません。もしあなたがリーダーをしていてメンバーとうまくいっていないと感じるなら、それはあなたがまだプレイヤーの時の考え方や行動でメンバーと接していることが原因である可能性が高いでしょう。

 

しかしそれは仕方がないことです。なぜならあなたは生まれた時から今まで優秀なプレイヤーになるべく努力してきたからです。そして見事優秀なプレイヤーになりました。だからリーダーを任されたのです。しかし今までの教育ではプレイヤーからリーダーへの変わり方を教えていませんでした。そのため表面上はリーダーだけれど中身はプレイヤーのままというリーダーがたくさん生まれてしまいました。まじめで努力家のあなたはとても苦しんでいるはずです。しかも自分に自信が持てなくもなっているかもしれません。私もかつてはこのことに気づいていなかったためにとても苦しみました。

 

しかし本当のリーダーを育てるために何が必要かがわかった今はもう今までのような教育はしません。プレイヤーからリーダーへの変わり方を教え、あなたがリーダーに変わるようにサポートする教育を行います。人が大きく変わるには他者のサポートがなければとても時間がかかってしまいます。しかし他者から適切なサポートがあればそれほど無理なく変わることができます。私はそのサポートの仕方も考え出しました。このサポートを安易に考えてはいけません。なぜなら人は少しでも強制された感じればすぐに変わることを諦めてしまうからです。このためサポートする人はその人の変化を誘導するような言葉は使ってはいけません。これはとても大事なことで訓練を要することです。

 

今回はこのことを踏まえたリーダーシップ開発講座を作りました。

 

 

この講座を受けると

CCLが提唱するリーダーが獲得すべき6つの能力が身につき、メンバーに主体性を発揮させ、結果を出すあなたの理想とするリーダーになれます。

CCLは開発できリーダーが獲得すべき能力は6つと言っています。

6つの能力とは、

  • 自己認識(自己への気づき)
  • 自信
  • 幅広く、ものごとの全体をとらえる視野
  • 社会的システムの中で効果的に働く能力
  • 創造的に考える能力
  • 経験から学ぶ能力

 

経験から学ぶ能力が身につくと

あなたは不変追求型リーダーから変化追求型リーダーになれます。
不変追求型リーダーのままではあなたはチームで孤立し、成果を出すためにあなた一人が頑張るような状態になってしまいます。

しかし、あなたが変化追求型リーダーになることでメンバーひとり一人の意見が活かされ、メンバーがチームの目標達成に自ら主体的に行動するようになります。
チームメンバーが主体的に目標達成に向けて行動することで今までにない成果が出せるようになるのです。

  • この講座では結果を出すリーダーが行なっているリーダーとしての自分を定め、チームを作り、チームを運営し、メンバーを次のリーダーに育てるプロセスを学んでもらいます。そして学ぶ過程で学んだことを現場で実践することでリーダーが獲得すべき6つの能力を身につけてもらいます。

     

    結果を出すリーダーへ | 変化追求型リーダーへの準備

    チーム作りはまずリーダーとしての自分の核を定めなければなります。具体的にはあなたの価値観とあなたがワクワクする目指したいゴール(ビジョン)を明確にします。そしてこのリーダーとしてのあなたの価値観とビジョンがチームとして何を大事にし、何を目指すのかを決める際のベースとなります。

    あなたは自分の価値観にうそをついてはいけません。自分が心から信じるものでなければあなたはその価値観には従いません。そしてビジョンはあなたがワクワクするものでなければなりません。人の情熱は伝染します。あなたがワクワクしているものなら他人は惹きつけられます。初めは人から与えられた目標かもしれませんが、それを自分がワクワクするビジョンに捉え直す必要があります。まずは自分の意思をしっかりと定めることが大切です。

    またあなたは様々な変化や自分と違う価値観や考え方を受け入れる準備が必要です。ここでは変化追求型リーダーとして自分を客観的に省みて自分の価値観や考え方に固執しないあなたになる訓練をしてもらいます。この段階では自分の価値観や考え方に固執していても構いません。しかし固執している自分に気づき、それを認めてメンバーに素直にそのことを話せるようになっている必要があります。

     

    ステップ1 | チームの共通の価値観を作る(信頼の獲得)

    あなたが自分の価値観とビジョンを明確にしたら、まずメンバーに自分の価値観を伝え、チームの共通の価値観をメンバーと共に作ります。この時あなたが自分の価値観に固執してしまい、メンバーの価値観を受け入れようとしないとメンバーにとって納得感がない共通の価値観になってしまいます。加えて、メンバーはあなたのことを自分達の考えを聞いてくれない人と認識してしまいます。

    そしてあなたはここで作った共通の価値観を実践してメンバーに示さなければなりません。あなたがこのメンバーと共に作った共通の価値観を大切に扱い、自ら実践したり、メンバーが共通の価値観を実践したらそれを評価し、そのことをメンバーに伝えたりします。それよって共通の価値観をただ作っただけのものから活きた共通の価値観にします。

    このことであなたは言動が一致している人としてメンバーから信頼を獲得できます。

     

    ステップ2 | チームの共通ビジョンを作る(好意の獲得)

    続いてあなたがワクワクする共通のビジョンをメンバーに示して、メンバーと共にチームの共通のビジョンを作ります。ここでも価値観同様にあなたはメンバーの話をよく聞き自分の考えを押し付けないようにしなければなりません。その上であなたがメンバーと共に作る共通のビジョンを心から作りたいという気持ちを表すようにします。

    そしてメンバー一人ひとりの行動が共通のビジョン達成に向けて進んでいることをメンバーに伝えるようします。またメンバー一人ひとりの行動の意義を共通のビジョンと紐づけて話すようにします。人はポジティブな感情を持ち前向きにがんばる人を応援し、協力したいと思うものです。

    このことであなたはポジティブで意義のあることに全力で努力する人としてメンバーからの好意を獲得できます。

     

    ステップ3 | チームの学習環境とチャレンジ精神を育てる(安心感の獲得)

    次にチームで共通の価値観とビジョンが定着してきたら、メンバーにもっと主体的に行動できる環境を作ります。チーム力はメンバーの能力の掛け算です。メンバーが背伸びをして自分の能力以上のことにチャレンジして成長すればそのままチーム力が格段に上がります。しかし能力以上のことにチャレンジするということは失敗するリスクがあるということです。誰かがチャレンジした結果、失敗した場合にそのことを強く叱責してしまうと当の本人が萎縮するだけでなく他のメンバーまで萎縮してチャレンジしなくなってしまいます。そこで失敗は失敗でなく、そこから学ぶことが何より大事ということをリーダーであるあなたが示すことで積極的にチャレンジしようというメンバーの気持ちを促します。しかし失敗はメンバーの失敗であってもリーダーのあなたも動揺してしまいます。そのことをしっかりと見つめ、失敗を許容できるようにならなければなりません。

    あなたが失敗を学習に変えられるようになるとメンバーはチャレンジへの安心感が得られ、自発的に行動するようになります。

     

    ステップ4 | メンバーの自発性を継続させる(自発性の獲得)

    チームの学習環境とメンバーのチャレンジ精神を育てる同時にメンバーの自発的行動を継続するように促します。人は誰かの役に立っていると感じる時、その行動を継続します。それゆえにリーダーであるあなたはメンバーの行動に心から感謝を伝える必要があります。感謝を伝える方法は様々あります。様々な感謝の伝え方を身につけることでメンバーの自発的行動はますます増えていきます。

    しかし感謝を伝えることは伝える側が本当に感謝していなければその言葉や行為に力を持ちません。それゆえにリーダーであるあなたがメンバーの貢献に心でどのように思っているかを省みて、心からメンバーに感謝できるようになる必要があります。

    あなたが心からメンバーに貢献の感謝を伝えられるようになるとメンバーの自発的な行動は継続し、増えていきます。

     

    ステップ5 | リーダーを育てる(後継者の獲得)

    最後にメンバーの自発的行動が増えたら、あなたはメンバーを次のリーダーへと育てます。メンバーをリーダーに育てるためにはあなたは自分が持っている権限をメンバーに委譲しなければなりません。あなたが権限を持っているうちはメンバーは必ずあなたの承認を得なければ進めることはできません。これではあなたが背負っている責任をメンバーに渡したことになりません。権限は責任と一緒に渡さなければならないのです。そしてメンバーはあなたの責任を引き受けることで成長します。

    権限の委譲とともにあなたは自分の影響力を行使したいという気持ちをコントロールしなければなりません。コントロールしたいという気持ちを持っていると権限を委譲することはできません。メンバーを育てるということは権限を委譲し、責任の一端を背負ってもらい、その責任に見合った行動をメンバーに取ってもらうことで成り立ちます。

    しかし責任の一端をメンバーが背負ったからといってあなたの責任が減るわけではありません。あなたはメンバーとともに結果を出す努力をしなければならないのです。それゆえにあなたは自分以外の人の責任も負うことを納得しなけばなりません。

    あなたが自分の権限とメンバーのコントロールを手放し、メンバーに任せられるようになれば、あなたはリーダーとしての尊敬を得られ、後継者も育てることができます。

     

    さらなる成長へ | 自身の課題を見つける

    あなたはこの一連のプロセスを実践することで確実にメンバーを巻き込み、あなたが望むビジョンを達成するでしょう。しかしこの一連のプロセスを省みるとあなたの得手不得手が見えてくるはずです。このリーダーの経験を客観的に振り返り学ぶことができれば、より複雑で大きなビジョンも成し遂げるリーダーにあなたはなります。

    ここではさらなる成長のために自分のリーダーとしての課題を明確にします。

     

    さらにこの講座ではCCLが提唱するリーダーが獲得すべき6つの能力が身につきます。

    6つの能力とは、
    ・自己認識(自己への気づき)
    ・自信
    ・幅広く、ものごとの全体をとらえる視野
    ・社会的システムの中で効果的に働く能力
    ・創造的に考える能力
    ・経験から学ぶ能力

    上記の能力は経験学習することによって身につけるものです。

    これまで私達は無自覚に経験学習することによって各自で身につけていました。しかし意図的に経験学習のサイクルを取り組むことで時間はかかっても確実に身につけることができます。
    あなたもリーダーシップに必要な能力を是非手に入れて下さい。

    6つの能力


    自己認識とは

    自分がどのような性格や嗜好をもち、積み重ねてきた経験、あるいは環境要因が自分の強みや弱みを形成してきたかについて理解し、さらに自分の強みや弱点が他人にどのように影響を与えるか、人生のさまざまな役割や目標の達成にどのような効果をもたらすかを理解することです。
    自己認識するために経験の振り返りから自分が物事をどのように捉え、考え、行動しているかを学ぶことが必要です。

     

    自信とは

    自分の価値・能力を信じることです。
    自信は行動した結果から自分が望んでいたものを得ることで高まります。
    自信をえるために自分にとってチャレンジングな経験や新しい経験・厳しい状況の経験から学ぶことが大切です。

     

    幅広く、ものごとの全体をとらえる視野とは

    起こっている事象を様々な視点や枠組みから観て、ものごとの全体像を把握する能力です。
    私たちは自分の視点からしか観ることができないため、自分と違う視点を意識的に持つことが大切です。
    全体をとらえる視野をもつためには経験の振り返りから自分の見ている視野を確認し、意識的に視点を変えたり枠組みを広げることが必要です。

     

    社会的システムの中で効果的に働く能力とは

    社会システムの中で他者と協調して何かを成し遂げる能力です。
    自分と他者の意見を調整し、同じ方向に進むためには他者のやるきを引き出し、他者との関係性をはぐくむコミュニケーション能力は欠かせません。
    社会的システムの中で働く能力をえるには経験の振り返りから自分の考えていることを素直に表現し、他者の考え・気持ちを理解する力を高めることが必要です。

     

    創造的に考える能力とは

    個人の思い込みや枠組みから抜け出してものごとを考える能力です。
    刻々と変化するビジネス環境では自分の思いや枠組みにとらわれていては問題を素早く解決することはできません。
    創造的に考える能力をえるには経験の振り返りから自分の考えていることを明らかにし、他の考えを探すことを楽しむことが大切です。

     

    経験から学ぶ能力とは

    経験から自分を変化させる能力です。
    多くの出来事は自分の内面によって解釈し反応した結果だと認識し、自分の内面を変えることが経験から学ぶことです。
    経験から学ぶ能力をえるには意識的に様々な出来事を客観的に振り返り、自分の内面と向き合う必要があります。

     

    リーダーに必要なこの6つの能力は知識を獲得すれば実践できるというものではありません。知識を得て、日常で実践することではじめて身につけることができます。しかし、私たちは新しいことを身についける時は必ず心身からの拒絶反応が起こります。頭では必要なことはわかっていてもなかなか今までの方法を変えられないのはそのためです。こうした拒絶反応を乗り越え、新たな考え方や物の捉え方、行動の仕方を身につけるためには経験学習の能力を身につけなければなりません。この経験学習の能力はあらゆることに応用が可能です。逆に経験学習の能力が低い人は成長速度が著しく低くなってしまいます。早くから活躍できる人材を育成するには経験学習の能力を身につけることが絶対です。

    今回のこのプログラムは日常で新たなことを短期間に身につけることが可能な経験から学ぶ力をもっとも高める講座でもあります。

参会者の声

  • 今まであまりうまくいっていなかった人との関係が良くなった。
  • 日々心穏やかに暮らすことができるようになった。
  • 思ったことを素直に表現できるようになった。
  • まだ自分にも変えられる部分があることに気づいた。

その他多数の好評の声が寄せられています。

【 コース概要 】

講  座

料  金

定  員

受講資格

講座テーマ





講座内容

集合講習   | 6時間/1日 × 3ヶ月(全6回)

300,000円(税込)

12名

本気でリーダーとしてチーム一つにして、大きな成果を得たい人

第一回 自己認識(自己への気づき)、経験から学ぶ能力
第二回 自信
第三回 幅広く、ものごとの全体をとらえる視野
第四回 社会的システムの中で効果的に働く能力
第五回 創造的に考える能力
第六回 総合 振り返り

  1. 1回目経験学習の基礎と自己認識、2回目以降は前週に学んだテーマについての経験学習
  2. テーマ能力の解説
  3. テーマについて経験を振り返り、日常業務での課題(内面・外面)を明らかにし、解決策の立案