ストレスチェック対策 制度を会社の発展に活かそう

ストレスチェック制度対策を考える

2015年12月から義務付けられたストレスチェック制度は
労働者のメンタルヘルス不調を未然に防止するのが目的です。

ストレスチェックと面接指導の実施状況は労働基準監督署にも報告の必要があり、
職場環境の改善は努力義務となっています。

職場環境の改善として
企業側はいったいどのような取組みをすればいいのでしょうか。

ストレスチェック制度対策研修は職場環境改善に最適

現状の職場環境を改善するには、従業員の意識改善、組織の業務改善、物理環境改善といった様々な角度から対応が求められます。

しかし、ストレスを生む根本原因は従業員各個人の考え方からきているケースが多く、
この考え方を見直させ、改善していくことが業務改善などとあわせて必要になります。

しかし従業員の意識改善は難しく、ストレスの根本原因を改善する考え方を
教えるだけでは従業員の意識改善はできません。
なぜならば私たちは各自それぞれが大切にしている考え方を持っているからです。

このため従業員自身がどのような考え方をもち、なぜストレスをかかえているのかを明らかにし、
ストレスを解消するストレスチェック制度対策研修が従業員の意識改善に最適なのです。

ストレスチェック制度対策研修の特徴は

  • 現状の見直しからはじまり、改善につなげる。
  • 自分の行動の背景にある考え方を見直し、
    よりよい行動につなげる。

ストレスをうむ根本原因にアプローチし
改善を行うため、職場環境改善に最適です。

ストレスの種を減らし、いきいきと働ける環境に
していただきたいと思います。

auto _7a41m.com CC BY ND

おすすめ研修

 

ストレスとなっている現状を改善する研修
  • ストレスチェック制度対策研修
  • 仕事の進め方研修
  • コミュニケーション力強化研修
  • 役割認識研修(若手社員)

 

ストレス耐性を高める研修
  • ストレス耐性向上研修

 

ぜひご相談ください。